融資はあくまで”借りる”だけ!計画的な利用と返済を。

TOP計画的キャッシングが肝要

利用しやすく、便利なキャッシング。だからこそ・・・

  • 昔に比べて審査が通りやすく、かつ社会人であればほとんどの人が気軽に利用しやすくなったキャッシングですが、計画的な返済計画と利用を心がけないと思わぬ痛手を被る可能性があります。節約術でお金が貯まる女、お金が逃げる女と言うのがありますが、計画をしっかりしないと痛手を負ってしまう人、負わない人が出てきますので注意が必要です。
    別ページでは実際にお金を借りる際の流れをご紹介していますので、是非お金を借りるまでもご覧下さい。


キャッシングに限らず、消費者金融や銀行から融資を受ける形でお金を得るということは、自分が自由に使ってもイイお金を”一時的に借りている”ことです。よって、借りている以上は返済する義務が発生します。融資額と返済プランに対応した金利や手数料によって利益を上げている消費者金融や銀行では、融資した額が期日までに返済完了できない場合に金利手数料が増えたり、長期間にわたって返済が滞る場合には司法的手段を用いて資産の差し押さえを行うケースもあります。

人の世であればトラブルはつきものですが、特にお金が絡むトラブルは後に禍根を残すことが多く、双方にとって後味の良い結果になることはほとんどありません。無用なトラブルを避け公明正大に融資を利用するためにも、キャッシングの利用には綿密な返済計画が必要不可欠なのです。無利息キャッシングと言うのも登場しているようですので、そう言った物を利用するのも賢いやり方ですよ。


借金苦に苦しむパターン。借金サイクル。

自転車操業という言葉があります。これは利益をそのまま仕入れ金に充てることで辛うじて営業を続ける企業を揶揄する意味で使われていますが、借金苦に悩む人も同じようにこの自転車操業のようなサイクルに陥っている場合が少なくありません。

キャッシングにおいて自転車操業のような事態に陥る状態は、主に返済可能額を超えた融資を受けてしまったことで後々返済が滞ってしまい、金利による元金の増額を止めるために仕方なく別の金融業者から返済に必要な額を借りたケースによく見られます。

返済のための借金になってしまっては、毎月の利益が大幅にアップして一度にまとめて返済できるような状況にでもならなければ元の状態に戻すことが難しくなるため、一度借金のサイクルが出来てしまうと容易に抜け出すことができないという現状があります。このような借金サイクルに陥らないためにも、キャッシング・融資の際には返済可能額の把握と長期的に見て無理のない返済プランが必要不可欠です。


状況の把握と、キャッシングの必要性を見極める
  • 前述のように、キャッシングというシステムが比較的利用しやすくなったこともあって利用している方が多くいらっしゃいます。何かと出費が多い時期や急な転勤・事故・病気等でまとまったお金が必要になることもあるため、キャッシングが気軽に利用できる状況は確かにありがたいものです。

が、しかし。キャッシングを利用する前に一度「キャッシングでなければいけないのかどうか」を考えてみましょう。キャッシングを利用すれば当然返済額に応じた金利がかかり、融資してもらった金額よりも数%上乗せして返済しなくてはいけません。その上乗せ分も含めて返済が可能かどうか、またキャッシング以外にお金を借りる、または工面できる方法がないかを吟味しましょう。例えば不要な物を売り払ってお金を工面したり、友人や知人を通してお金を借りるなど、キャッシングを利用する以外にもお金を用意する方法があります。キャッシングは便利なシステムです。しかし、だからといって積極的に利用するものではありません。

check

保健科学東日本

Last update:2017/10/5

page top


 

Copyright ©キャッシング.com all rights reserved.