お金を借りるまでの流れを紹介

TOPお金を借りるまで  

お金を借りるまで

実際に融資を受けるまでの流れを簡単に説明します。

1.自分にあったキャッシングを探す

キャッシングとひとことでいっても種類はたくさんあります。大きくわけると、銀行系、信販系、消費者系、IT系などがありますが、それぞれに特徴があるので、目的によって自分にあったところを探しましょう。
なるべく金利の安いところで借りたい、借入や返済時の使い勝手が良いところで借りたい、審査に自信がないけど借りたい、とにかく急ぎで!など、目的をはっきりさせておくと良いかもしれません。カードローン比較もしておくとより自分に合った会社が探せます。
また、クレジットカード現金化を上手に利用することによって多くのお金を借りる事ができます。
2.申込みをする
自分にあったキャッシングが見つかったら、次は申込みです。
申し込み方法は会社によって様々ですが、聞かれることは以下のことです。
  • 連絡先
    …電話番号、携帯番号、住所、勤務先電話番号など
  • 仕事
    …業種、職種、勤続年数、年収など
  • 住まい
    …持ち屋、賃貸、家賃など
  • 家族
    …家族構成、内緒かどうかなど
  • 他社利用
    …利用金額、件数など
  • 希望額
    …使い道など

申込み後、電話やメールなど申込み時に伝えた連絡先に連絡があり、本人確認が行われます。電話の場合、個人名でかけてくれるのでキャッシングに申し込んだことを他人に知られることはありません。


3.審査
申込み後にまず審査があります。業者側が、この人にお金を貸しても大丈夫か、いくらまでなら返済できるかなどを審査します。
審査基準は会社によって様々です。実際に申込みをしてみないとわかりません。
A社では断られたけど、B社は融資してくれたということもありえます。キャッシングなびで審査についてもっと詳しくご紹介しています。

審査の内容は、本人について、他社利用についてを総合的に判断されます。本人に関しては、バイトより正社員、勤続年数の長さ、固定電話ありかなしかなどが判断基準のようです。
他社利用に関しては信用情報機関に問い合わせを行い判断します。なので、申込み時にウソは書かないようにしましょう。
これらの結果から、融資するかしないか、いくら融資するかが決まります。

4.融資額について

融資が決まっても、いくら貸してもらえるかは企業によって異なります。貸金業規制法では、1社あたりの1人に対する貸付金額は50万円以下か、申込者の年収の10%以下と決められていますが、各企業で独自に審査基準を設けているため差がでます。
また、過去にキャッシングを利用したことがある人は、そのときの返済状況などにより、融資限度額が増減することがあります。

注目サイト

ミニチュアシュナウザー ブリーダー

Last update:2018/1/12

page top


Copyright ©キャッシング.com all rights reserved.